英語・英会話

「株式会社××」を英語で【ビジネスメール宛名】

更新日:

日本語で宛名を書く場合

会社宛にする場合は
株式会社×× 御中
会社の個人宛にする場合は
株式会社××
~~様

です。

株式会社グーグル 御中
または
株式会社グーグル
山田太郎様


お世話になっております。

本文
~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~

よろしくお願いいたします。

鈴木やぎ

こちらのメールを英語へ変換します。

英語で宛名を書く場合

個人名が分からず、「ご担当者様」的なニュアンスで書く場合はSirs
個人名が分かっていれば個人名のみを表記します。

Dear Sirs,
または
Dear 個人名,

Dear Sirs,
または
Dear Mr.Taro Yamada,

Thank you for ~~~.

本文
~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~

Best regards,

Yagi Suzuki

英語で個人名以外の宛名を書く場合の注意点

日本では「ご担当者様」や「株式会社×× 御中」という漠然とした宛名でもあまり違和感がありませんが、英語メールでは漠然とした宛名は好まれません。
マナーが悪いという評価を受ける場合もあります。

よって、英語でメールする際に表記すべき宛名の優先順位は

個人名>役職名>部署名>ご担当者

の順番です。

例を挙げます。

・個人名なら
Dear Mr.Taro Yamada,
(山田太郎様)

・役職名なら
Dear Sales Manager,
(営業部長様)

・部署名なら
Dear Sales department,
(営業部御中)

・何も分からない場合は
Dear Sirs,
(ご担当者様)

以上のように書きます。
分かっているなら個人名で書くことをおすすめします。

-英語・英会話

Copyright© YAGILOG , 2020 All Rights Reserved.