言葉づかい

「させていただきます」の誤用・使いすぎに注意!「いたします」がベター

更新日:

させていただきます

とてもよく聞く敬語です。

「~~します」の謙譲語として「~~させていただきます」を使っている方が多いようです。

「~~します」の謙譲語は「~~いたします」ですから、間違っています。

では詳しく解説していきます。

させていただく

・相手に許しを請うことによって、ある動作を遠慮しながら行う意を表す。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

( お・ご)……(さ)せていただく」といった敬語の形式は,基本的には,自分
側が行うことを,ア)相手側又は第三者の許可を受けて行い,イ)そのことで恩恵を
受けるという事実や気持ちのある場合に使われる。したがって,ア ,イ)の条件を
どの程度満たすかによって 「発表させていただく」など 「…(さ)せていただく」を
用いた表現には,適切な場合と,余り適切だとは言えない場合とがある。

引用:敬語の指針 - 文化庁

さて、意味合い的には

「相手に許しを請う」「相手の許可を得る」

その結果

「恩恵を得る」というニュアンスの含まれた言葉ということですね。

悪い例と良い例をあげてみましょう。

間違った使い方の例

「請求させていただきます」

「案内させていただきます」

「報告させていただきます」

これらは一方的な自分の行為や決定事項対して使っているため間違っています。

良い使い方の例

「休ませていただけますか?」

「私どもの商品を紹介させていただけますか?」

基本的に質問形かつ自分に恩恵のある行為に使う場合問題ありません。

ギリギリ許容できる使い方の例

「お詫びさせていただきます」

「申し訳ございません。すぐに折り返しご連絡させていただきます」

相手の許しを請い、また非常に謙った状況で自身の行為をさせてもらう恩恵に感謝する意を込め、使うことがあります。

「させていただきます」の濫用は不快

「します」を「させていただきます」なんて長ったらしい言葉で言われると不快に感じる方も多いです。

間違った敬語をドヤ顔で使われるより、簡潔に丁寧語でお話する方がよほど好感触です。

今一度意味を確認し、誤用しないように注意しましょう。

というわけで、自分の行為を謙譲語でしゃべる場合は

「~~いたします」

と言いましょう。

知らないと恥ずかしい!間違った敬語や言葉遣い

間違った敬語・言葉づかい一覧【尊敬語 謙譲語 丁寧語】

-言葉づかい

Copyright© YAGILOG , 2020 All Rights Reserved.