言葉づかい

「お越しになられる」「お話しになられる」は間違った敬語!「お越しになる」「お話しになる」に正そう

更新日:

「お越しになられる」「お話しになられる」

尊敬語の二重敬語です。
もはや日常生活で溢れまくっていますね。テレビやアニメ、映画などでも。

そういう間違った言葉が誕生しちゃったんだから認めちゃえば?というのも一つの考えで、世の流れはありますが(笑)

代表的な間違った敬語ですから、ぜひ正しい敬語を覚えてください。

そもそも二重敬語とは

「二重敬語」とその適否

一つの語について、同じ種類の敬語を二重に使ったものを「二重敬語」という。例
えば 「お読みになられる」は「読む」を「お読みになる」と尊敬語にした上で、更
に尊敬語の「……れる」を加えたもので、二重敬語である。
「二重敬語」は、一般に適切ではないとされている。ただし、語によっては、習慣
として定着しているものもある。
【習慣として定着している二重敬語の例】
・ 尊敬語) お召し上がりになる、お見えになる
・ 謙譲語Ⅰ)お伺いする、お伺いいたす、お伺い申し上げる

出典:敬語の指針

同じ種類の敬語を二重に使ったもの「二重敬語」
じゃあ敬語って何?

敬語=尊敬語・謙譲語・丁寧語

詳しくはこちら
>二重敬語とは?

「お~なる」と「~れる、られる」

どちらも動詞にくっつけて使う尊敬表現です。

「お~なる」

動詞にくっつけて使う尊敬表現です。

正しい用法:
・お越しになる
・お話しになる
・お書きになる

「~れる、~られる」

動詞にくっつけて使う尊敬表現です。

正しい用法:
・来られる
・話される
・書かれる

ここで注意していただきたいのは、尊敬語として変化した動詞にくっつけない事です。

動詞の形が変化した尊敬語は、例えば
・いらっしゃる
・召し上がる
・仰る
など、単体で尊敬語にあたる動詞に「お~なる」「~れる、られる」をくっつけると、二重敬語になります。

「お~なられる」は二重敬語

「~なられる」は尊敬語を二重に使った、間違った敬語です。

「お~なる」と「~れる、られる」という尊敬表現を二重に使っています。

尊敬語を二重に使い、尊敬しまくってます!と言われると何だか許せてしまいますが、文法的には間違いですので控えましょう。

「お~なられる」

間違った用法:

・お越しになられる
・お話しになられる
・お書きになられる
・お食べになられる
・お亡くなりになられる

よく聞く敬語ではありますが、全て間違っています。

自分が話すときには注意しましょう。

というわけで「お越しになられる」「お話しになられる」ではなく

「お越しになる」「お話しになる」

と言いましょう。

>知らないと恥ずかしい!間違った敬語や言葉遣い

間違った敬語・言葉づかい一覧【尊敬語 謙譲語 丁寧語】

-言葉づかい

Copyright© YAGILOG , 2020 All Rights Reserved.