言葉づかい

「お間違いないでしょうか」は間違った敬語!「間違いないでしょうか」に正そう

更新日:

お間違いないでしょうか

 

よく耳にする敬語です。

文法的に間違いはないのですが、使う場面を誤っている事が多く見受けられます。

何が間違っているのか、見ていきましょう。

 

「お」や「ご」は動作や行為などを高める言い方

 

まず「お間違いないでしょうか」の意味を考えていただきたいのですが、言葉の意味合いは「(あなたは)間違ってないですか?」という意味です。

そして、間違い方は主に2パターン。

 

①自分の行為を相手に確認する場合に使ってしまっている

自分の行為を「お間違いないでしょうか」と尋ねるのは、相手ではなく自分を高めてしまっています。それでは丁寧どころか失礼にあたります。

間違った使い方の例

「お名前は○○様でお間違いないでしょうか」

「お客様の荷物はこちらでお間違いないでしょうか」

これらは全て「お」を取り「間違いないでしょうか」に直しましょう。それだけで自分に対して尊敬語を使うという失礼を防げます。

 

②相手を疑ってしまっている

「お間違いないでしょうか」の場合は「あなた間違ってないですか?」という意味になってしまいます。相手を疑う発言自体、ビジネスの場面では好ましくないですよね。

好ましくない使い方の例

「ご登録内容はこちらでお間違いないでしょうか」

「商品はこちらでお間違いないでしょうか」

この場合「お間違いないでしょうか」は「間違いないでしょうか」または「よろしいでしょうか」に直すのが良いでしょう。

 

 

「お間違いないでしょうか」は失礼にあたることが多いので

「間違いないでしょうか」「よろしいでしょうか」

と言いましょう。

 

知らないと恥ずかしい!間違った敬語や言葉遣い

間違った敬語・言葉づかい一覧【尊敬語 謙譲語 丁寧語】

-言葉づかい

Copyright© YAGILOG , 2020 All Rights Reserved.